相続した中央区のマンションを売却して、事業資金にしました

父の遺産を相続して

両親が小さい頃に離婚したため、私は母親に引き取られて育ちました。
父親とは年に1回のペースで会うくらいでしたが、メールでやり取りをして良好な関係を築いていました。
そんな離れて暮らす父親が亡くなり、一人娘だった私が父親の遺産を全て相続することになりました。
父には借金がありましたが、貯金や生命保険などで全額返済し、残ったのは中央区にある小さな分譲マンションでした。
小さなマンションですが、中央区はとても便利なエリアなので人気がありますし、将来は自分が住むのもいいかもしれないと考えました。
その時は会社の寮に住んでいたので、かなり格安の家賃で快適な生活をしていたため、相続したマンションに移り住もうという気持ちがなかったからです。
その後、社会人として10年ほど働いていましたが、以前からネイルサロンを開業したいという夢をもっていたので、節約を心掛けて事業資金のための貯金をしていました。
働きながらネイルのプロになるために専門学校に通い、美容系の資格もいくつか取得することができたので、開業する時期が来たと考えました。
ネイルサロンは結構多いので、競争が激しく、立地が良い場所にお店を出したいと考えて、不動産会社に以前から相談していました。
かなり長い間、物件探しをしていたこともあり、不動産会社のスタッフとも顔見知りの状態になっていたので、私が望んでいる物件が見つかったら連絡してもらうことになっていました。
気長に理想の物件探しをしていたおかげで、駅からほど近く、駐車場も完備されている理想的な物件を見つけることができましたが、試算をしていたときよりも家賃が2割ほど高くなってしまうことがわかりました。

父の遺産を相続してまとまったお金が必要でマンションを売ることに

中央区でマンションの売却なら大阪市西区・中央区の中古マンションリノベーション